さかなはそらに ことりは水に

とりあえず反対のことを言ってみるブログです

ブログタイトルは『まっくら森の歌』からいただきました

私が子どもの頃、NHKの『みんなのうた』というテレビ番組で、谷山浩子さんの『まっくら森の歌』という歌が流れていました。

 

みんなのうた』は、幼少期から中学生ぐらいになるまで見ていたので、印象的な曲、大好きだった曲はたくさんあるのですが、私がこのブログで綴りたいと思っていることを考えるとき、いつもこの歌が思い浮かぶのです。

 

【歌詞付き】まっくら森の唄 - YouTube

 

今聴くと若干イラッとしますが(なんでだ)、当時は少し怖いような、不思議で神秘的な曲とアニメーションが楽しみだったこともあり、この歌が流れると夢中で食い入るように見ていました(それは他の曲も同じなのですが)。

 

子どもって不思議なものや変なものが好きですよね。

「なんだこれは!?」って。

 

少し話はそれますが、この曲や

ラジャ・マハラジャー / 戸川純 - YouTube

こんな曲も

メトロポリタン美術館 - YouTube

不思議で釘付けでした。

 

アニメーションの力も大きかったのですが、曲の方もそれに負けないぐらい、不思議で変。

 

わたしのにゃんこ - YouTube

この曲はメロディーが不思議で、切なさがハンパない。

この曲を思い出すと浮かんでくる、切ないような、なんとも言えない気持ちが自分でも不思議でした。

 

…『みんなのうた』の話をしだすと終わらないので、元の話に戻ります。

『まっくら森の歌』の歌詞です。

 引用ということで、少し引いてみます。

 

「ひかりの中で 見えないものが

やみの中に うかんで見える

まっくら森の やみの中では

きのうは明日 まっくらクライクラ

 

さかなはそらに ことりは水に

タマゴがはねて かがみがうたう

まっくら森は ふしぎなところ

あさからずっと まっくらクライクライ」

 

引用どころか全部引いてしまいそうなのですが、

このあとも

 

「みみをすませは なにもきこえず

とけいを見れば さかさままわり」

 

「はやいはおそい」

 

「どこにあるか みんなしってる

どこにあるか だれもしらない」

 

「ちかくてとおい」

 

と続きます。

 

今気づいたのですが、これは「まっくら森」のことを歌っているんですね。

忘れていました。

 

「まっくら森」という森があり、その森の中に入ると、森の外の「常識」とは反対のことが起きる。

 

魚は空にいて、小鳥は水の中にいる。

跳ねるはずのないタマゴが跳ねて、歌うはずのない鏡が歌う。

そもそも朝からずっと真っ暗、朝がない。

 

「早いは遅い」

「近くて遠い」

など、反対の意味の言葉が続きます。

 

これによく似た言葉で、

「きれいは汚い」

などはよく耳にします。

 

今ネットで調べてみたら、シェークスピアの『マクベス』が出典みたいです。

読まないといけません(多分読みません)。

 

解釈もいろいろとあるようです。

 

 

information-station.xyz

 

www.compass-point.jp

 

blog.goo.ne.jp

 

それはともかく、私はいろんなことを考えると、『まっくら森の歌』を思い浮かべるのです。

 

「早い」の反対語は「遅い」。

「近い」の反対語は「遠い」。

「ある」の反対語は「ない」。

「きれい(清潔)」の反対語は「汚い(不潔)」。

 

よく、強迫神経症(きれい好き)が行き過ぎて、お風呂にも入れなくなってしまう…結果的には不潔になるという話を聞いたりしますが、それが思い浮かぶ。

 

それとはちょっと違うかもしれませんが、「ある」と言われているものは実は「ない」のではないか。

そんなような話をしていきたいです。

あくまで予定です。